ロマンドール

 奈稚子のロマンドール北海道西支部牧口教室の会員によるロマンドール作品展が、25日まで稚内緑風苑で開かれている。
 部屋にこもりがちな入居者がリハビリを兼ね部屋から出る機会を―と、今年で6回目の作品展には、会員らが1年間で作ってきた40作品が並んでいる。
 紙粘土を使い髪の毛など精巧な作りに加え、赤や緑の鮮やかな色のドレスを着た人形を見ていた90代女性は「とても綺麗で上手にできていますね」と話し、牧口静代代表は「利用者の皆さんが笑顔になることを楽しみにしながら作業に取り組んでいます」と話していた。
 15日に半分ほど人形を入れ替える。