実り

 市教委主催のぱくぱくランド2015は10日、沼川みのり公園で開かれ、参加した子どもたちは実りの秋を体験した。
 市内の幼稚園や保育所に通う園児を対象に市教委では、平成18年から食育体験事業として取り組んでおり、今年は8施設から園児230人が参加した。
 市(子ども課)の横山裕子管理栄養士から食育をテーマとした講話を聞き、「好き嫌いしないで食べ物に感謝して食べます」と約束したあと、園児たちは公園内の畑でジャガイモやカボチャを収穫し昨年、雨天で中止になり2年ぶりの開催となったイベントを思う存分楽しんでいた。
 その後、園に戻った園児たちは事前に収穫したトウキビを茹でて食べ秋の味覚を満喫していた。