安保法案

 連合宗谷・稚内による安保関連法案廃を求める集会「安全保障連2法案の成立を許さない9・7宗谷地区集会」が7日夜、海員会館で開かれ、参会者はデモ行進するなどして訴えた。
 参加者80人を前に岡部副会長が「安全保障関連法案は国民の理解を得ていない。多くの専門家が違憲であると指摘している状態は異常であり、平和を守っている憲法を守らなければ」と挨拶。磯部民主党稚内支部長、藤谷、吉田大輔両市議が「日本は戦争してきた50年でおよそ246万人が戦死している。法案が抱えるリスクを国民に理解させるべき」などと述べていた。
 集会アピールで一致団結した一行は、海員会館からバス通り、国道40号をデモ行進し、戦争法案廃案を訴えていた。