サケ防止

 宝来地区のトベンナイ川と大黒、末広地区を流れるチララウスナイ川に、サケの遡上を防ぐ柵が設置された。
 数年前からサケが大量に遡上するようになった2河川は、9月中旬になると100匹を超える群れが遡上し、途中で息絶えた死骸の悪臭が問題化したことにより市が設置している。
 5日に設置作業が行われ、トベンナイ川河口ではシケで溜った土砂やコンブなど重機で取り除いたあと縦80㌢横3㍍の柵を取り付けた。
 チララウスナイ川は昨年、河口近くに設置した柵がシケによる漂流物で壊れ、開いたスペースから川にサケが侵入したという反省を踏まえ、今年はシケなどの影響がないよう河口から50㍍先の上流部に設置した。