開苑

 ㈳稚内緑ケ丘学園の特別養護老人ホーム緑風苑開苑10周年を記念した感謝祭が5日、緑風苑デイサービスセンターで開かれ、出席した40人余りの人が節目を祝った。
 波間理事長は「これからも利用者の皆さんの希望に沿った介護サービスを提供できるよう心掛け暮らしを支えていきたい。多くの方々の支援を胸に老人、障がい福祉施設として地域の核となるようけん引したい」と挨拶した。続いて工藤市長は「極め細やかな介護は職員らの熱意、努力の賜物です」、吉田道議は「介護施設の環境は厳しい状況にあるが、高齢者を支える大切な役割があり、日頃努力している緑風苑の皆様には敬意を申し上げます」などと祝辞を述べたあと、アトラクションとして紫喜会員によって日本舞踊が披露された。
 食事会では波間理事長の挨拶に続いて鈴木副議長が乾杯の音頭をとり、昼食を摂りながらこの10年を回顧しては10周年を祝っていた。