金賞
 8月27日~30日まで札幌で開催された第60回北海道吹奏楽コンクール一般C編成の部で平成5年以来22年ぶりに金賞に輝いた稚内吹奏楽団の飯沼剛団長(43)らは4日、受賞報告で工藤市長を訪れた。
 道内各地の予選を勝ち抜いてきた10団体が出場した中、稚内吹奏楽団員34人はジャズ風のホルジンガー作曲「スクーティン・オン ・ハードロック~3つの即興的ジャズ風舞曲」を発表した。
 工藤市長は「大谷高吹奏楽部が2年連続し稚内吹奏楽部も受賞し本当にめでたい」と称え、飯沼団長や常任指揮者の杉谷賢俊さん(44)は「高校卒業してすぐ入団した若い世代の頑張りと練習場として場所を提供して頂いた稚内中学校の協力もあり、若い世代とベテランが団結してこの結果に結びつきました」と話していた。
 同楽団は11月28日文化センターで金賞受賞報告演奏会を開く。