信金セミナー

 再生可能エネルギーなどを活用し新たな電力ビジネス創出を考えるセミナーが2日午後、稚内信金本店で職員や市内の企業など関係者50人余りが参会し開かれた。
 NEC第二スマートエネルギー事業部長の松島徹氏が「再生可能エネルギーと蓄電池システムの活用による新たな電力ビジネスの創出~IJT活用による分散型エネルギー社会の実現」と題し講演。
その中で今後の電力システム改革によるマーケットの変化について、来年4月から発電や小売の全面自由化により大手通信事業者などが電力事業に参入するという新サービス創出の流れになる。環境に優しい再生可能エネルギーだが、天候に左右され電力変動をどう安定して供給するのかこれからの課題であるとした。
 ICT(情報通信技術)活用による分散型エネルギー社会に向けては、災害に備えての電力を確保することで安全を守り、再生エネルギー等の様々な電源を連携させ安定供給し安心な生活を支える―などとも話していた。