老朽

 稚内市地方卸売市場前の第1副港北洋埠頭で、岸壁改良工事が行われている。
 稚内開建発注し安田建設が7300万円で請け負い施工しているもので、老朽化したコンクリートを壊して新しい消波ブロックを設置している。
 29日からは70㌧クレーンを駆使して縦4㍍、横1・6㍍、重さ1・3㌧以上の消波ブロックを海中に並べる作業に入り、33個のブロックを横一列に設置したあと、もう一段同様に積み重ねる作業などを行っていく。
 工期は11月中旬。