戦争法案
 30日、全国一斉に安保関連法案廃案を目指すアピール活動が行われ、稚内でも集会と街頭アピール活動が行われた。
 ピースウォークわっかないが主催し文化センターで開かれた集会には市民80人余りが参加。代表の斉藤吉広さんの「戦後70年、平和を掲げてきた日本が戦争の犠牲になってはならない。子供を戦場に送らないよう訴え続けましょう」との主催者挨拶に続き、参加者が平和への願いをアピールした。
 南小教員の山本民さん(38)は「教員でも教科書だけ追う人が増えている。私の教え子は戦争に行ってほしくない。今できることは声をあげて広めることで力を合わせなければ」と話していた。
 集会後は郵便局、キタカラ、道銀向かいの3カ所でアピール活動し、戦争法案廃案を訴えチラシを配布した。