全道市役所柔道

 第42回全道市役所柔道選手権大会は29日から2日間日程で総合体育館で始まり、勝利目指して白熱した試合が繰り広げられている。
 12年ぶりに開催された稚内での全道大会には、稚内含め道内14市から17チーム150人の選手が出場。開会式で全道市役所柔道連盟の大谷貴美会長(稚内市役所)の激励に応え、選手を代表して稚内市役所の崎出直人選手が宣誓した。
 28日の団体戦では、16チームが5ブロックに分かれ予選リーグで競い、選手たちは決勝トーナメント出場を目指していた。
 稚内チームは、網走と札幌Cと対戦。網走戦では5~0でストレート勝ちした。
 30日午前10時からは軽量級、段別など10階級で個人戦がある。