なかせき

 なかせき商事の大感謝祭が29日から文化センターで始まり、午前中から多くの市民で賑わっている。
 「共に生きる」をテーマに開かれた大感謝祭は、ガスコンロなど製品はじめ夏タイヤが展示販売されており、カツオなど使った「魔法のだし」の実演販売では、市民がだしで作ったおにぎりや漬け物を試食しては「美味しい」と買い求めていた。
 ステージでも水夢館のキッズダンスショーや風船家NORIさんのバルーンアートショーで盛り上がり、駐車場の高所作業車試乗会は子どもたちの人気を集め、高さ10㍍以上からの景色を眺めては喜んでいた。
 著名な金澤翔子さんの書も展示され、訪れた市民をうっとりさせていた。
 30日も午前9時から同様の展示販売、稚内フラシスターズのフラダンス、パフォーマーの演出など盛り沢山の内容で開かれる。