コンクリ

 中央4の裏山で土砂災害防止工事が施工されている。
 老朽化した土留めコンクリートの補修工事で、高さ4・2㍍、横17㍍に亘って新たにコンクリートを30㌢厚くし、その上に丸太を取り付け補強している。
 今はコンクリートの裏側の水はけをよくするため砂利などの敷設作業が行っており、終わり次第、市立稚内病院保育所裏手で、植物の種や肥料の植生マットを法面に貼り付ける作業に加え、岩盤に金網を取り付ける作業を施す。工事は9月いっぱいで終わる。