黒牛

 最北端・食マルシェ2015は22、23の両日、北防波堤ドーム公園で行われ、2日間で3万5000人余りの人出で賑わった。
 2日間通し20度を下回る肌寒い天候だったが22日は同時開催された南中ソーラン全国交流祭などの観衆含め2万3000人余り、23日は1万2000人余りが訪れ、会場内に出店した稚内ブランド品など海や山の幸を堪能した。
 2日目の23日は、宗谷岬牧場ブースで宗谷牛の丸焼き、稚内ブランド詰め放題があり、特に詰め放題は開始前から200人以上の長蛇の列ができ、参加者は用意されたブランド品の珍味や菓子などを制限時間30秒以内で袋いっぱい詰め込んでいた。
 札幌からのツアー客の1人は「宗谷牛の丸焼きを食べましたが、とても美味しかった」と話していた。