昨23日は二十四節気の一つ「処暑」だった。曰く暑さが峠を越し落ち着く頃である◆本州方面は落ち着くどころか大型の台風まで近付き処暑などと呑気なことを言ってられないようだが、稚内は涼しくなる節気だけは的を得ており、これからの「白露」(9月8日)、「秋分」(同23日)向かってどれほど現実化するのかと恐くなるほどである◆あと1週間もすると8月も終わってしまい「秋分」の先には「寒露」「霜降」が待ち受け「立冬」(11月8日)が『おいでおいで』と誘っている。矢のようです。