稚内漁協は13日開いた理事会で、今年1回目のコンブ入札会(道漁連札元)を、24日午後2時から同漁協会議室で開くことを決めた。
 拾いコンブ含め1600駄・個上場される予定。
 木村専務理事によると、1、2等検はこの数年になく多いそうで「あとは金額がどの程度になるか」と、春先の安藤組合長らの大阪訪問で昆布問屋から価格に関して「昨年までのようなことはない」と釘を刺されているだけに、その通りになるのか気を揉んでいる。