猿払や宗谷など一部漁協を除くと漁師後継者は仲々いない。板子一枚下地獄の割に収入も多くなく体力だって使い特に夏場は休みも取れない◆しかし確実に年収1千万円以上になるといえば話が違ってくるだろう◆稚内漁協の場合、この数年はナマコ漁がドル箱になり組合員は息をついているものの、この先の保障はない。中国の経済次第というのが悩ましいところだ◆地道にコンブやウニといっても資源減少と相俟って高齢化に伴う体力の減退という宿命も背負っている。ロボットに―という訳にはいかんしね。