シニアサッカー

 道サッカー協会と道シニアサッカー連盟主催の第2回北海道シニア8(エイト)サッカーツアー大会は、1、2の両日、富士見球技場で開かれ、40代部門に出場した稚内の最北四十雀40が準優勝した。
 稚内で初めて開催された全道大会には管内3チームのほか札幌、旭川、十勝から9チームが参加。試合は40代部門と50代部門に分かれ15分ハーフで行われ、選手たちはボールを追いかけゴールを狙っていた。50代部門のU―15女子サッカーチームの稚内ステラマーレも交流試合として参戦し大人顔負けのプレーを繰り広げていた。
 結果は次の通り。
 ▽40代部門①旭川FCオーバー②最北四十雀40③CERI(札幌)④オッサンドーレ札幌40⑤枝幸四十雀
 ▽50代部門①オッサンドーレ札幌50②FCオールジャパン(十勝)③ZIZI札幌FC50④稚内ステラマーレ⑤最北四十雀50。