錦産業富田組

 北海道開発局の本年度工事成績優秀企業が発表され、市内からは錦産業(貝森輝幸社長)と富田組(富田伸司社長)の2社が選ばれた。
 道開発局では、平成18年から工事成績評定の透明性確保と事業者の技術力向上を図るため過去に同局発注の工事を2年間で3件以上完成させた業者を対象に、工事成績評定で79点以上の業者のランキングを公表しており、本年度は23業者が選ばれた。
 錦産業は4件で79・25点、富田組は4件で79点。管内企業の表彰は、平成22年の藤建設以来となる。
 貝森、富田両社長は「社員の努力のお陰であり、名誉ある表彰を受けることが出来ました。今後もこの表彰を励みに頑張りたい」と話していた。