image

鹿児島佐田岬から徒歩で日本縦断の旅をして来た埼玉県の松村真也さん(30)が17日夕方、最北端の宗谷岬にゴールする。

留学していたカナダから帰国し、自分の将来をゆっくり考えたいと、4月上旬から徒歩縦断の旅をスタートさせた松村さんは九州から四国、関西、東北と北上。北海道は6月30日に函館、札幌、留萌など日本海側を北上し16日午後5時頃、稚内に入った。

約2700㌔の旅で色々な人たちに出会い勉強になりました―と言う松村さんは旅を始めてから102日目でゴールの日を迎えることに「沢山の人たちに助けてもらってここまで来れました。事故もなくこの日を迎えられて嬉しいです」と、午前9時過ぎノシャップからゴールの宗谷岬目指し歩を進めた。