稚内職安は、去る5月15日に行った来春新規高卒者の求職動向調査結果をまとめた。
 同所管内(稚内、豊富、利礼2町、天塩、遠別)にある私立の大谷高を含めた7高校などの卒業予定者は441人(男215)。昨年から29人(男8)減少。このうち進学希望は259人と全体の58・7%を占め、就職希望は173人。進路未定含むその他9人。
 就職希望者は昨年に比べ6人減少。このうち学校・職安紹介の希望者は140人と昨年から14人減少した。
 職種は▽専門・技術・管理的職業44人(昨年39)事務的職業25人(同26)サービス19人(同22)販売9人(同21)生産工程・労務7人(同12)など。
 就労希望先は地元161人、道内12人、道外0。
 職種別では販売が昨年に比べ半数以下に減り、地域別では管外が昨年の3分の1まで減り地元志向が強くなっている。
 職安では地元事業所に対する求人開拓を実施すると共に7月1日以降は各高校に対し求人情報を提供し、9月16日の就職戦線解禁まで万全な態勢を構築したいとしている。