北の香り

 副港市場・波止場横丁のラーメン店「北の香り」(中野修二代表社員)が、道産食材を使い地産地消に取り組む飲食店など認定する「北のめぐみ愛食レストラン」に登録された。
 道が平成18年から取り組む制度で、道産食材を利用した料理を提供し魅力を伝えるホテル、飲食店など認定しており、管内では「わっかないラーメン」「ラ・セーヌ」に続いて3店目。
 「北の香り」ではコシが強くなめらかな道産小麦キタノカオリを使った麺と宗谷のホタテなどトッピングした看板メニュー「宗谷の塩ラーメン」が地産地消に寄与しているとして選ばれた。
 中野代表社員は「管内ではまだ認定店が少ないですが、地場産食材を使って宗谷の味をPRしていきたい」と話していた。