流れコンブ

 15日、稚内の前浜でシケで大量に流れ着いた根切れコンブが採取された。
 今年のコンブ漁は解禁から1日遅れの9日に初採取されて以降、天候に恵まれず採取されずにあるが、13日からのシケによって根切れコンブが大量に海岸に漂着。これを拾う作業が15日朝早くから行われ、長さや型の良いものなど選び室内で乾燥させていた。
 特に漂着コンブが多かったノシャップの前浜で採取していた漁師は「一夜明け岸を埋め尽くすほどの流れコンブが漂着していた。早く天候が回復し、漁が再開できればいいが」とコンブを拾い集めていた。