先週のゴルフ場駐車場でのキツネが轢かれ子ギツネがさすったりしていた―との投書には当方も涙を催されました。投書された方は同じゴルファーとして憤っていることまで披瀝していたが、動物とはいえ、きちんと後始末するのも人の道なのかな―と生意気ながら思いました。
 過日、用があって札幌まで行き高速道路を80㌔で走っていると、全ての車にあっという間に抜かれてしまいました。あとで聞くと高速道路は100㌔制限なので80㌔の車が抜かれるのは当たり前とのことであり「(80㌔など)余りに遅い車は検挙されますよ」とまで言われてしまった。
 当方が有料の高速道路を利用するのはシカなど動物が出てくるリスクが低く安全な運転ができるためであり、何も速いスピードを出すためでない。安全走行をお金で購入しているのである。
 先週、1年前に小樽の海水浴場であった飲酒運転事故で女性3人を轢き殺した男に対する判決があり22年の懲役刑が言い渡された。10時間以上も海の家で飲酒した上での蛮行なのに「飲酒でなくスマホで目を離したものだった」とうそぶく被告の男。一遍に3人も殺してしまったのだからまだ厳しい罰を―と思ったものだ。
 砂川でも家族5人が死傷した飲酒運転事故があった。どうも甚だしい勘違いをしているドライバーが多い。
 車はどんな時でも運転でき、唯一自分がコントロールできる代物だけに自制が基本にあらねばならない。自制がない車で命を奪われるなど以っての外であり、これ以上悲劇を繰り返してはいけない。