テーマは

 稚高の学校祭が10日から始まり、生徒たちは若さを爆発させている。
 65回目の稚高祭は「NO1」をテーマに、12日までクラスやクラブ、バンドのステージ発表、模擬店などあり一般公開される。
 初日は恒例の仮装行列で開幕。今年は衣装作りに重点を置いたため山車を引いての行列はなかったが、生徒たちはその分、こだわって作った色鮮やかな衣装を身にまとい大黒地区などを1時間かけ練り歩いた。
 沿道には多くの地域住民が見物に訪れ、散歩していた白樺保育所の園児たちは「お兄さん、お姉さん頑張れ」と声援を送っていた。

旧商工高の資料公開

旧商工髙

 学校祭に合わせ11日午前9時~午後3時までに限り、商業棟2階応接室に展示されている旧商工高時代の資料が公開される。
 昭和28年の開校~平成25年3月、稚高と統合するまでの歴代卒業生のアルバムや記念品学校行事の写真、校旗校章などを一般公開する。
 三浦教頭は「普段は一般公開できないが、資料がここに保管されていることを知らない人が多い。あす1日限りですが商工高出身の方など思い出の品を是非見に来てほしい」と呼びかけている。