北防ドームが来年度から改修される。戦前は稚内と大泊(現コルサコフ)を結ぶ稚泊航路がありドーム横に位置した稚内港桟橋駅から船に乗り樺太に行ったものであり、その桟橋駅復活の話も浮上しては立ち消えるという繰り返しの中、北海道遺産のドームが全面改修されることになった◆哀愁を帯びるドームは日本人のロマンを掻き立てるものがある。ちょっと前には怪しからん官庁もあったがね◆稚内にそのような歴史があったことを知らない若者や子供に学校などで教える機会あればいいのだが。