今年も夏季公演

 今年の夏もサハリンのアンサンブル団体「ルースキー・テーレム」が18日~8月17日までの1カ月間、市内各所で公演する。
 稚内夏季観光誘致協議会が主催し今年3年目となるルースキーの夏公演には、通訳含めメンバー6人が来市する。
 期間中は副港市場内の港ギャラリーで午後5時から30分間公演するほか、稚内空港、フェリーターミナル、キタカラなどで観光客を出迎え公演などを予定している。
 今回の来市に合わせて稚内市国際文化交流会が主催しルースキーと、ネベリスク市の児童生徒18人による「弦楽芸術アンサンブル」とのジョイントコンサートが、8月8日午後4時から文化センター(入場無料)で開催されることも決まった。
 ルースキーが文化センターで公演するのは初めて。ロシアの伝統的な踊りとバイオリン演奏のコラボがある。