恵比須団地

 恵比須1の旧市営住宅(恵比須団地)の解体作業が進められている。
 昭和45年に建設された恵比須団地6棟30戸は、老朽化し無人となったため昨秋、先ず2棟10戸が取り壊され、残り4棟20戸は数年かけ全て解体するとしていたが、今年3月の公売で市内業者が買い取り解体作業を数日前から始めた。
 2棟の取り壊しは終え、残りも中旬までには全て解体する。