車侵入

 稚内公園の芝生がタイヤ痕で広範囲に荒らされているのを、公園を管理する稚内市シルバー人材センター職員が発見した。何者かが車を乗り入れ荒らしたものと見られる。
 この場所は「こどものくに」の跡地で、今は市民の憩いの場として開放されている自由広場。芝生は車で急旋回するなどして土がむき出しの状態になっており6日朝、人材センター職員が見付けた。5日夕方には荒らされた形跡はなく、被害時間はその日の夜~6日朝までと見られる。
 ここでは数年前にも同じように車によって芝生をえぐり取られる被害が遭った。その後、市は車が侵入できないようロープで囲うなどの対策を取っていたが、今回はロープを外して車を侵入させたようだ。
 人材センター職員は「皆で使う広場にこのような行為は許されない」と怒りを露にしていた。