文化交流

 劇団風の子北海道主催のサハリン州立人形劇場を招いた稚内公演が4日、ミュージック&アートステージ石蔵で開かれた。
 観劇には市内保育所園児ら150人余りが訪れ、人形劇「おやゆびひめ」の公演を夢中になり観劇していた。
 前日には関係者40人が参加した交流会が開かれ、市、北星大学、サハリン州立人形劇場、劇団風の子の4団体によってサハリンと道、稚内の文化交流を考える稚内日ロ文化交流の会(代表・岩本和久北星大学教授)を設立。これを機に演劇などを通し文化交流を図っていくことを決めた。