貝森

 稚内地区交通安全協会は3日、サンホテルで交通安全功労者表彰伝達式を行った。
 長年に亘り交通安全運動などに貢献してきたとして貝森輝幸副会長、菅原耕常任理事、講習指導員の藤澤忠男氏の3氏に対し、稚内署長・稚内地区交通安全協会長連名表彰状が伝達された。
 田辺署長から伝達されたあと、挨拶した石塚会長は昨年の道内の交通事故状況を振り返り飲酒運転による交通死亡事故が昨年に続き2年連続で発生していることに触れ「稚内地区でも昨年発生しているので十分注意を喚起をしなければならない」と述べ、来賓の青山副市長、赤石振興局長(代理)、田辺署長が「悲惨な事故をなくすためにも皆さんとの連携協力し取り組みたい」などと挨拶した。
 引き続き、通常総会が開かれ、本年度の事業計画を審議した。