勇躍し

 バイクでサハリンのコルサコフ~オハを往復する第2回ノースアイランドラリー2015のツアーに参加するライダーが2日朝、日ロ定期航路でサハリンに向かった。
 札幌のバイク専門店などによる実行委員が主催するラリーは、8日までの7日間で約1750㌔をタイムを競うのではなく、決められたルートを走るというもので、ツアーには東京、大阪などから31人、サハリンからも6人参加する。
 大阪から来たという40代男性は「今から広大な土地を走るのが楽しみ」、東京から来たライダーは「サハリンに行くのは初めて。どんな所か早く見てみたい」と。来年以降、新たな運航会社で存続されるサハリン航路については「今の会社での運航は最後というのは聞いていた。来年以降も是非継続してもらいたい」と話していた。
 一行は8日の定期航路で稚内に戻る。