貧困の連鎖が今、社会問題に。稚内市も表教育長が座長となり対策会議を立ち上げたということは危惧される家族があるということなのか。全国的には母子家庭に多くあるとのことだが◆大人は自己責任があり貧困も甘受しなければならぬも幼気な子供は可哀相だ。友達は持っているのに、友達は食べているのに、友達は楽しんでいるのに「僕(私)だけはできない」。子供にこんな思いをさせるのは不憫なことである◆そのためにも貧困の連鎖は絶ち切らねばならず、関係者の奮闘に願っております。