遠路遙々

 宮城県人会の中澤和一会長の同窓生「唐中三八亥子の会」一行34人が28日、宮城県気仙沼市から震災などのお礼で稚内を訪れた。
 4年前の震災以降、稚内からの支援と中澤さんや市内漁業者から30隻余りの小型漁船が贈られ、そのお礼などで28日午後、空路稚内入りした一行は宗谷岬や稚内公園など、市民ボランティアガイドの案内で観光した。
 夜には市内のホテルで懇親会があり、熊谷真由美代表から「早期復旧に当たっての心強い支えとなりました」などとの菅原気仙沼市長の礼状と、気仙沼市唐桑町の民芸品・竹細工の風車が工藤市長へ贈られた=写真=。