憲法と平和

 ピースウォークわっかない主催の「戦争はいやだ!憲法こわすな!6・28市民集会」は28日、文化センターで開かれ、市民80人余りが平和について考え思いを語るなどした。
 同団体の斉藤吉広さん(稚内北星大学教授)が「国家権力を抑制するための憲法を守らねばならず、平和を語り交流する機会を大切にしたい」と挨拶。引き続き参集した市民が平和について語るリレートークでは、札幌在住の19歳女性が戦争は恐いものであるとしたデモ活動に感銘を受け、自分たちも声を上げ、無関心にならないよう子供たちに戦争で恐い思いをさせたくないなどと各人思いを語っていた。
 集会のあと文化センターからバス通りと国道40号の2手に分かれ南稚内駅までデモ行進し、平和を訴えていた。