ニシンが

 天北第1埠頭で今、20㌢前後のニシンが釣れている。1日100匹を超える人もいる。
 5月下旬頃から始まったニシン釣りは、そのご修理で暫く同埠頭に停泊していたサハリンプロジェクト船により魚は寄り付かず釣りをする人もいなかったが、そのサハ・プロ船が港を離れた24日からニシンが再び岸に近付くようになり釣れ始めた。
 10度を下回る寒さと強風の27日朝、20人近い太公望が集まっていた。午前8時から釣りを始めた男性は1時間ほどで40匹を釣り上げ「きょうはシケたがまずまずです」と釣果に満足していた。
 別の釣り人によると釣れる時は数時間で100匹を超え、たまに30㌢近いのも釣れる時があるという。