19、20の両日キタカラなどで開かれた日本最北端わっかない白夜祭は、2日間に亘って開かれた白夜ビアガーデンや映画祭など合わせて延べ6600人余り(昨年5500)が訪れ賑わった。
 19日~20日午後6時まで行われた白夜ビアガーデンは1日目2400人、2日目2600人と5000人来場。家族連れや職場仲間の人たちで込み合い、今年は3日間行われた昨年より1000人以上増えた。
 19~20日にかけT・ジョイ稚内でオールナイト上映された白夜映画祭には420人余りが来場。20日の中央商店街の中央アーケード祭には1200人余りの人出があった。
 実行委員会では「白夜ビアガーデンの前売り券は4000枚以上が売れ、2日間通し盛況だった」としたが、今年は会場で現金が使えず一部で不満の声があったことについて「出店側との調整や運営面など考えチケットのみでの販売にしました。そうしなければ来年の開催も難しくなり、理解をしてほしい」とし、1品だけ食べたくても1000円分のチケット購入はおかしいのでは―との声には「来年は抽選券なしのチケット販売など検討し、今年見えた改善部分を来年に活かしたい」とした。