鈴木

 市の建設産業部長に就任した鈴木聡さん(56)は「笑顔が溢れ夢を語れるマチづくりを進めたい」と抱負を述べた。
 室蘭工業大卒業後、東京の建設会社を経て昭和57年市役所に採用。にぎわい創出担当主幹、土木課長など歴任し前任は建設産業部参事兼港湾課長。
 10年ほど前、都市再生対策課事業係長時代に副港市場の建設に関わり、建築デザインや移転補償などで日夜忙しい日々だった―と振り返った。産業や経済などが集約された建設産業部について「マチの活性化を図っていくのが自分の役目。民間と協力しながら活性化したい」と述べた。
 災害対応については「各課の横の連携をしっかり結び取り組んでいきたい」と話した。