垂れ藤

 恵比須1の三上正一さん(81)宅の藤の花が見頃を迎えている。
 10年ほど前、妻の笑子さんが購入したアメリカ産の「キングサリー」という苗木が今では5㍍ほどまで成長し毎年6月の1カ月間、花を咲かせる。
 今年は春先の気温が高かったこともあり、例年より1週間ほど早く開花し、ここ数日の初夏の陽気で満開となった。
 小さな花が密集し枝から垂れ下がるように咲く藤は近所でも評判で、笑子さんは「近所の人たちも同じ藤を育て始め、その方々と協力し、いずれは家の前などを藤が咲く通りにできたら」と話していた。