感染症防ぐ

 稚内市社会福祉事業団は11日、従来型特養老人ホーム富士見園で感染症予防研修会を開いた。
 参会した事業団が経営する福祉施設の職員50人を前に稚内保健所の成澤弘美健康支援係長が「感染症予防の3原則・標準予防策」と題した講話をし、感染症の基礎知識と日頃の予防法について、感染者が出た場合には感染経路を遮断することが最も大切なことを強調していた。
 手洗いの演習もあり正しい洗い方ほか、1人介護するたびに手洗いする習慣をつけることにも触れていた。