2年ぶり

 中央5の真言寺裏山などで、雪崩防止柵の設置や土留めの治山工事が宗谷森林管理署発注で2年ぶりに大掛かりに施工されている。
 港3の桜ロード裏山~中央4の稚内プレス社屋裏山までの間、施工しているもので、8日からは39基の雪崩防止柵取り付け作業に着手し完了次第、土砂崩れ防止網の補修作業に入る。
 このほか、中央4では、老朽化した土留めコンクリート壁の補修作業を行っており、コンクリートを厚くしたあと前面に丸太を取り付けて更に補強する。
 工事は遠別の業者が5578万7000円で請け負った。工期は11月末。