稚内利尻礼文サロベツ観光振興協議会は2日~10日までイオンモール広島府中店で開かれている「どさん子市場北海道物産展」に参加し北宗谷の食と観光をPRしている。
 イベント、物販催事業務など行うグローバルプラニング(岡山県)が主催するどさん子市場は、道内各地の物産品などを一堂に集め北の海の幸など美味しいものを広島県民に知ってもらう催しで、イオンモール全体での1日当たりの集客は5万人見込まれている。
 同協議会は6、7の両日に合同でブースを設け、北宗谷の自然や食、観光名所などのPRを展開している。
 事務局の市(観光交流課)は「協議会として初めての中国地方でのPRであり夏の観光シーズンに向け東京便の大型機による2便運航、FDAチャーター機による誘客策として広島県民にPRしたい」と話していた。