クルーザー

 1日午後、末広埠頭に大型のクルーザー「SOMADOR(ソマドール)」(98㌧)が入港した。
 コルサコフ港から回航してきたもので1日午後1時過ぎ、末広埠頭東岸壁に着岸したあと、燃料や物資など補給していた。
 市(港湾課)によると、10日間ほど末広埠頭に係留したいとの申請がある。
 第1副港など「海の駅」への寄港でなかったが、今年初めてマリンレジャー船舶の寄港となった。
 ポートサービスセンターによると、当初この船は海の駅に寄港したいとの連絡があったが、大型のため末広埠頭に変更した。
 昨年は8月末までにヨットなど16隻が入った海の駅だが、今年はこれまで入港はない。昨年、7月中の入港が相次いだように今年もその頃には増えてくるのではないか―と話していた。