詐欺予防

 稚内消費者協会員らが30日、中央、開運地区を戸別訪問し悪質商法被害防止の啓発を行った。
 30日の「消費者の日」に合わせた啓発活動で協会員や市職員ら20人が5班に分かれ中央1~5、開運地区の団地など約900世帯を回った。
 札幌などで還付金がもらえる―とウソの電話を受けて現金を騙し取られる詐欺被害が急増していることから、協会員は「お金がもらえるというまい話はありません」などと書かれたチラシを配り、注意を呼びかけていた。