漂着昆布

 恵比須、ノシャップなど前浜に自生するコンブは今年、いつも以上に量が多いようだ。
 その証拠に5月に入りシケあとの前浜には大量のコンブが流れ着き、それを拾う作業が毎日のように行われている。
 一昨年、昨年と2年連続で前浜に接岸した流氷が、今年は入らなかったことと、4月下旬の気温が平年より暖かかったことで繁茂が進んでいるようだ。
 コンブ漁解禁まで未だ1カ月以上あり、これから実入りも良くなるだろうと言う恵比寿の漁業者は「流氷が入って来なかったことで流れコンブは多い。1日で100本以上も拾うことがある」と干す作業をしていた。