最北端農村クロスロード交流会による「ふれあいラリー」は6月1日~9月末まで管内に設けられた18カ所のチェックポイントで展開される。
 宗谷管内におけるグリーンツーリズムの先駆けとして13年前から始まった同ラリーは盛衰はあったものの、管内来訪の人たちが農村との触れ合いを楽しみ併せて結果として商品をゲットできるということで若者の間で人気を呼びスタンプラリーの応募は昨年352件を数え、観光客に定着してきている。
 その後、管内でも観光スポットを巡るスタンプラリー形式の企画が増えているが、宗谷の自然の中にある観光スポットの施設巡りは追随を許さぬほど観光イベントとして確固たる地位を築いており廃れることなく継続されている。
 チェックポイント次の通り。
 トナカイ観光牧場(幌延)、川島旅館、レストハウスサロベツ、豊富牛乳公社、ferme(フェルム)、工房レティエ、サロベツファーム(以上豊富)、大硲牧場、風芽、悠遊ファーム、カヤニファーム、オレンジエッグ本店、稚内牛乳、ゲストハウスアルメリア(以上稚内)、円了牧場(猿払)、よつ葉乳業宗谷工場、ファーマーズ・マーケットペレ、ぶんちゃんの里(以上浜頓別)。