小鹿の八重の菓

 道北地域の菓子業者で作る「道北スイーツ倶楽部」=松村泰年会長(留萌)=として第6弾となる新商品の洋菓子「八重の菓」が23日から御菓子司小鹿などで販売されている。
 道産小麦「きたほなみ」と道産米粉の消費拡大を目的に、平成22年から道北3振興局(上川、宗谷、留萌)の菓子業者を中心に、道北スイーツ倶楽部が結成され翌年からオリジナル商品を販売している。
 第6弾の商品は各店ごとに商品を製作することになり、市内で唯一加盟している小鹿では、フランスの伝統菓子(フィナンシェ)の生地の中に、キャラメル風味の生チョコを混ぜて焼き上げた「プレミアムショコラキャラメル」を作った。
 小鹿卓司専務は「今年も各店趣向凝らした商品が出来ましたので御賞味して下さい」とPRしている。
 パッケージには、各地域のシンボルフラワーがデザインされており1個150円(税込み)。フランスパンに菓子用粉砂糖を付けたラスクは100円で販売している。