吉井氏

 稚内観光協会は26日午後、総会を開き、役員改選で新会長に吉井繁副会長(72)=写真=を選任した。任期は2年。
 平成16年から6期11年間会長を務めた岩間幹生氏(64)は病気療養中のため退任し相談役に就任した。
 新会長に就任した吉井氏は「ここ数年、右肩下がりの観光業界ですが稚内経済を担う3本の柱の1つ。年間80万人の観光客は今では50万人を割るという状況を関係団体と連携しながら打開し取り組んでいきたい。新たに専門的な部会を作り、会員同士が活発な意見を出し合いそれを事業に反映させたい」などと抱負を述べた。
 総会では今年度事業計画を策定し①国内・海外に対する誘致宣伝事業の組織力強化②旅行業の事業化を推進し着地型観光の環境整備③経営基盤の強化と観光情報と会員企業の情報発信の拡充―の3つを重点事業とした。
 役員は次の通り。
 ▽副会長 遠藤章広、嶋野貞二、中野修二(新)米田正博(新)▽専務理事 東政史。