フラシスターズ慰問

 稚内フラシスターズ(長谷川佳子代表)が24日、特養老人ホーム富士見園を訪れ入所のお年寄りを慰問した。
 イベントや福祉施設の慰問など定期的に行っているが、特養富士見園を慰問するのは2年ぶりになる。きらびやかな衣装を身にまとった会員27人は全部で6曲の踊りを発表した。
 途中には会員の子供たちも出演し親子2世代の踊りにお年寄りたちは笑顔が絶えなかった。