15白い道

 宗谷丘陵フットパスショートコース内の通称「白い道」が通行可能となり、マイカーやバイクで訪れた旅人の人気の観光ルートになっている。
 この道は5年前までは砂利道だったが、平成23年から2年間でホタテ貝殻1600㌧が敷き詰められ、最北の白い道として整備された。
 今年は雪融けが早かったこともあって例年より2週間ほど早くGWから通れるようになり、今ではバイクなどで稚内に来た旅人が立ち寄る人気の観光ルートになっている。
 宗谷護国寺に行く手前左側の山道を100㍍ほど進むと白い道に入り、全長5㌔あるコースの半分が白い道となる。
 晴れた日には貝殻が太陽の照り返しでより輝いた白い道となり、そこから見る宗谷丘陵の景色は絶景だ。
 雪が降る前の10月下旬頃まで通行ができる。