人権の花

 市と稚内人権擁護委員協議会による「人権の花運動」が22日、小学校で行われた。
 情操教育の一環として取り組まれ、今年は市内11小学校に夫々マリーゴールド20株、ペチュニア20株、培養土3袋が贈呈された。
 中央小の贈呈式では中村祐美子会長が「人権の花を育てることで思いやりの心を学んで下さい」と挨拶。人権についての講話に続いて5、6年生と一緒にプランタに花苗を植えたあと校舎前に花を飾っていた。